緑内障を予防しよう【眼科の定期健診が鍵】

3人の看護師

目の病気に注意しよう

目元

眼科は定期的に受診しよう

目の病気というものは自覚症状がないまま進みひどければ失明をしてしまうという恐ろしいものがあります。たいていの人は目に何かしらの症状が出てからでないと眼科に行くことはありません。しかしそこで手遅れというパターンもあるようなので気をつけなければなれません。目の病気で怖いのが緑内障です。名前だけ聞くと重篤に感じませんがそうではないのです。眼圧が高くなり進行すると視野が狭くなっていきます。そして失明の可能性もあるのです。目が見えないということは非常に辛いことなので失明という事態は絶対に避けたいものです。緑内障の診断は眼科でしか受けることができないので調子が良くても定期的に眼科での検査が必要となってきます。

見えている目を大事にする

目が見えるということは当たり前のことですが実はとても幸せなことです。だからこそいつまでも自分の目を大事にしなければなりません。緑内障と診断されたならばたいていは目薬を処方されます。これ以上症状が進まないためには目薬をきちんと使用することで対策が打てます。緑内障が進んでくると手術という選択も出てくるようです。比較的簡単な手術のようですので医師に勧められたら従うのがベストでしょう。緑内障の患者さんはとても多いと言われています。そのため今は大丈夫でも将来的に自分もかかる可能性があるのです。見えているから大丈夫ということでなく目のことですから定期的に眼科で健康であるかどうかを検査してもらうことで安心することができます。